トライアル情報(学内限定)


大量ダウンロード厳禁!!
ソフトウェアやツールを使ったダウンロード等について、こちらの注意事項をお読みください。



トライアルされたご意見・ご感想をお寄せください。

    学外から利用する場合には、VPN接続により学内ネットワークへアクセスする必要があります。
    ◎VPN接続サービス「OCUNET3 VPN」のPC等における設定については、「OCUNET3 VPN」(情報基盤センターによる案内ページ)を参照してご利用ください。
パッケージ名トライアル期間等内容

新建築データ

・期間:2020/1/7-2021/3/6
・同時ユーザー数:無制限
・VPN:可

「新建築データ」は、雑誌『新建築』『住宅特集』掲載のプロジェクト記事を検索・閲覧できるWebサービスです。雑誌掲載の建築プロジェクト記事をフリーワードで検索し、記事を雑誌の誌面そのままで閲覧できます。


□登録方法:
大学のメールアドレス(@xx.osaka-cu.ac.jp)で登録してください
登録後、新建築データから利用開始メールが届きます
すでに大学のメールアドレスで新建築データに登録している方(※)は、そのまま「ログイン」してください


□収録内容:
『新建築』(2000年1月号以降)と『新建築 住宅特集』(2015年1月号以降)の作品誌面
・雑誌の発売から2か月後にデータが公開されます
・『新建築 住宅特集』は現在無償公開中です


□その他機能:
・構造形式や建築用途などのカテゴリー分けによる絞り込み
・掲載年月、延床面積での一覧の並び替え
・マウススクロールによる誌面画像の高解像度ズームイン表示

※個人契約(有償)をしている方へ
1~2月の大学トライアル期間の返金について、1月上旬に新建築データから案内メールが届きますので、ご確認ください。
大学のメールアドレス以外で個人契約している方が返金を希望される場合は、直接、新建築データにご連絡ください。
ただし、個人契約を解約された場合には大学トライアル終了後(3/7以降)に再度各自で個人契約をし直す必要がありますので、ご注意ください。
(学情センターでは個人契約の案内・連絡をしません。)

EBSCO全文データベース
Business Source Ultemate,
Academic Search Ultimate

・期間:2020/12/01-2021/2/28
・同時ユーザー数:無制限
・VPN:可

■Business Source Ultimate
経営・経済学など、学究的なビジネス関連分野の出版物のコンテンツを収録しています。 本学で契約しているBusiness Source Completeの上位版で、 3,500誌以上の学術誌が継続して全文収録されています。
収録雑誌リスト Excel/HTML


■Academic Search Ultimate
天文学、人類学、生物医学、技術、健康、法律、文学、数学、薬理学、女性学、動物学など、 幅広い学術分野をカバーするデータベースです。10,000誌以上の学術誌が継続して全文収録されています。
収録雑誌リスト Excel/HTML

ProQuest Central

・期間: 2020/12/1-2021/2/28
・同時ユーザー数:無制限
・VPN:可

ProQuest Central は、人文社会科学系から自然科学、医学分野まで約 160 の学術分野をカバーする ProQuest 社最大の総合リサーチデータベースです。
収録コンテンツは雑誌に加えて新聞や学位論文、発展的研究に欠かせない各種リポート類などを複合的に収録しています。


□収録内容
・収録分野: ビジネス / 文学 / 言語学 / 歴史 / 社会学 / 教育学 / 政治・国際関係 / 法律 / 女性学 /宗教学 / 医学 / 看護学 / 心理学 / 工学 ほか
・学術誌・業界誌・一般誌:8,680 誌以上 (フルテキスト:約 6,420 誌)
・新聞:約 2,200 紙 (フルテキスト:1,440 紙以上)
・収録年代 1970 年代~現在(出版物によって異なります。)


□主な収録データベース
・ABI/INFORM Complete(ビジネス・経営関係の洋雑誌のデータベース)
・Research Library (人文・社会科学分野の洋雑誌データベース)
・Global Newssteam (新聞フルテキスト) 

クイックレファレンスガイド(PDF)
製品概要(PDF)
講習会のスライド(PDF)
 

ご利用にあたっての注意



電子ジャーナル・電子ブックの利用にあたっては、各出版社の利用規約を遵守してください
(出版社HPの利用規約、Terms & Conditionsの項目がそれにあたります)

次のような行為が禁止されています。
  • 複製や改変、再配付、転売
  • 個人の研究・教育・学習以外の利用
  • 大量のファイルのダウンロードやプリントアウト
  • その他、著作権の侵害
遵守しない場合は、大学における利用の停止や損害賠償を求められるなどの罰則が適用されますので、ご注意ください。

大量ダウンロードについて

  • ソフトウェアやツールを使ってダウンロードする
  • 同じ雑誌やレファレンスリンク、体系的に短時間で集中的にダウンロードをする
  • ツールなどは使用していないが、短時間で多くの論文にアクセスしたりダウンロードした場合でも、みなされることがある
このような行為は不正ダウンロードと見なされます。
何か基準があるのかというと明確に、「1時間に何件」という大量ダウンロードに関する基準はありません。
あくまでもログなどから出版社サイドが見なすもので、利用者サイドにその意識がなくても、以上のような行動をしたとき、大量ダウンロードと見なされる場合があります。
大学全体の利用に関わることですので、十分に注意してご利用ください。

更新日:2020年12月3日