他大学の資料の利用・大阪市立図書館の資料の利用など

   他大学の資料の利用

   大阪市立図書館の資料の利用

   国立国会図書館図書館向けデジタル化資料送信サービス

 
  
****************************************************************************

 
 他大学の資料の利用

  
     相互利用サービス(学内者限定) 必要な資料が本学にない場合は、資料を所蔵している他大学の図書

                   など利用することができます。

                   国内で所蔵館が見つからなくても、海外から取り寄せが可能な場合
                   あります。レファレンスコーナー(2F)へご相談ください。


     文献複写 

       資料を所蔵している他大学図書館からコピーを送付してもらうことができます。 
       Webサービスで申し込むか、「相互利用サービス申込書」に必要事項をご記入の上、レファレンス
       コーナー(2F)へお申し込みください。コピー料金・送料などは利用者の負担となります。

       お申込から文献を入手するまで、1週間程度かかりますので、時間に余裕を持ってお申し込みく
       ださい。

       また、杉本キャンパス所属の方は阿倍野キャンパス・梅田サテライトに所蔵している資料のコピー
       を取寄せることができます。この場合の複写料金は白黒1枚10円、カラー1枚50円となりま
       す。送料は不要です。
    

        ・料金    複写料金:1枚あたり白黒で約35-50円程度(大学によって異なる)

               送  料:140-200円程度(重量などによって異なる)

        ・支払方法  主にレファレンスコーナーでの現金払いですが、相手館の指定による方法(切手払
               い、郵便振替、銀行振込等)になる場合もあります。
               本学教員は公費払い可能です。ただし、所蔵館によっては公費払い不可能な場合
               があり
ます。

    

     図書借用  

          所蔵している他大学図書館から図書を取り寄せることができます。
         Webサービスで申し込むか、相互利用サービス申込書に必要事項をご記入の上、レファレンスコ
       ナー(2F)へお申し込みください。郵送料などは利用者の負担となります。

       お申し込みから図書が到着するまで1週間程度かかりますので、時間に余裕を持ってお申し込みく
       さい。


        ・往復送料:1300円程度(重量などによって異なる)

        ・支払方法主にレファレンスコーナーでの現金払い。但し、相手館の指定による方法(切手払い、

                 郵便振替、銀行振込等)になる場合もあります。

                 本学教員に限り公費払い可能です。ただし、所蔵館によっては、公費払い不可能な場
                 あります。

        ・そ の 他 : 館外貸出の可否や利用期限は相手館の指示によります。雑誌は借用できません。
                 出版年の古い図書、貴重書、最新刊など、借用できない資料があります。
                 借用図書は、返却期限を厳守してください。
    

     訪問利用

        目的の資料を所蔵している他大学図書館で、直接閲覧することができます。
        ただし、原則として希望の日程に利用できるかどうか事前調査をする必要がありますので、
       所蔵調査及び閲覧依頼書」(他大学図書館訪問利用申込書)に必要事項を記入のうえ、レファンス
       
コーナー(2F) へお申し込みください。


       相手館で現物確認に時間がかかる場合がありますので、日程に余裕を持ってお申し込みください。
       特に、貴重図書等は事前に許可を得なければならない場合が多いのでご注意ください。
       閲覧予定日が相手の休館日でないか、各大学図書館のホームページから確認できます。
       (日本国内の大学図書館関係WWWサーバ)
       相手館の事情により利用できない場合もあります。


     相互連携 

        相互連携により、以下の図書館の所蔵資料を利用することができます。
      

        大阪府立大学 学術情報センター図書館
          中百舌鳥キャンパス学部等図書室の資料の閲覧と貸出、および羽曳野図書センターの資料の
          閲覧ができます。ただし、定期試験期間は利用できません。

          学術情報センター図書館は、府民登録をすることにより利用することができます。
          詳しい利用案内については、
           ライブラリーサービスガイド「包括連携協定による大阪府立大学の利用」(PDF)をご覧くだ
           さい。
   

        関西大学
          本学専任教職員・学生の方は、関西大学図書館の資料を事前申込なしに直接利用(閲覧・複
          写
・貸出)できます。

          詳しい利用案内については、
           ライブラリーサービスガイド「包括連携協定による関西大学の利用」(PDF)をご覧ください。     

          大阪市立図書館
            大阪市立図書館の図書を取り寄せできます。

            申込書の「大阪市立図書館からの図書取寄を希望」に必ずチェックを入れ、市立図書館書
            IDを
必ず記入してください。チェックがない場合は他大学からの取り寄せになります。

            詳しい説明については、
           ライブラリーサービスガイド
大阪市立図書館からの取り寄せ(PDF)をご覧ください。

ページのTOPへ


  国立国会図書館図書館向けデジタル化資料送信サービス 

     このサービスは・・・・・

       国立国会図書館がデジタル化した資料のうち、絶版等の理由で入手が困難な資料について、国立国
       図書館承認を受けた図書館にのみデジタル画像を送信し、画像の閲覧等ができるようになるサービ
       スです。

       送信対象資料は、国立国会図書館デジタルコレクションで公開範囲が「国立国会図書館/図書館送
       参加館公開」となっている資料です。

 資料種別 概要
 図書 昭和43年までに受け入れた図書  約50万点
 古典籍 明治期以降の貴重書 約2万点
 雑誌 平成12年までに発行された雑誌(商業出版されていないもの)
 約1万タイトル(約67万点)
 博士論文 平成3~12年度に送付を受けた論文(商業出版されていないもの)
 約12万点

      但し、センター内に冊子として配架されたもの(劣化資料を除く)、他のWEBサイトで一般公開さ
       れてるものの複写は、そちらをご利用下さい。

   

       利用方法

        レファレンスコーナーに利用の旨を申し出てください。職員による閲覧設定ののち、4番端末
        閲覧できます。

       利用時間  

        平日(月-金)900-1700

       利用対象者 

        本学の教員、職員、大学院生、学部学生など学内者
        (卒業生・登録市民など学外者の方はご利用になれません)

       複写について  

        ・著作権法上、職員による代行複写となりますので、所定の申込書に記入の上、レファレンス
         コー
ーにお申込ください。

        ・平日(月-金) 900-1630
        ・モノクロ110円 カラー150

        ・申込内容によっては、当日に受け取れない場合もありますのでご了承ください。

ご利用にあたっての注意
  このサービスは、電子化された入手困難な資料を、著作権の観点から特定の端末で特定の利用者にだけ利用を
  認
めたものです。以下の禁止事項があります。

  ・閲覧データのダウンロ―ド・保存はできません。
  ・閲覧画面をカメラ等で撮影してはいけません。
  ・閲覧画面を画面キャプチャ、電子ファイルで取得してメールで送信することはできません。
  ・印刷は自分でできません。必ずカウンターにお申し込みください。(平日9:00-16:30のみ)
  ・このサービスの利用にあたって、閲覧端末にUSBフラッシュメモリなど外部記憶装置の接続はできません。
  ・不正な印刷、画像の不正ダウンロード等を行った場合は、大阪市立大学全体でこのサービスが利用できなく
   なります。遵守をお願いします。

ページのTOPへ